注文住宅の成功のコツ・ポイントは「土地探し」

1.注文住宅の成功のポイントは土地探し

注文住宅を建築してみたいと考えた時に、既に土地を所有している場合は好きな工務店やハウスメーカーを選定の上で注文住宅を建築されるかと思いますが、土地を所有していない場合の注文住宅建築はどう対応するのが良いでしょうか?
注文住宅を考えた時に、「住宅展示場に見に行く」「工務店やハウスメーカーに相談する」「不動産仲介会社に相談する」などの行動を取られることと思いますが、理想の住宅を建てられるかどうかは、最初のステップである「土地探し」が非常に重要です。
今回は注文住宅の成功のポイントである「土地探し」について考えてみました。

2.土地探しの方法

注文住宅を建築するにあたって、まず決めなければならないのは住宅をどこに建てるか、すなわち土地を決めることです。
理想とする住宅像は描いていても、具体的な住宅のプラン検討や設計は土地を基に行う必要があります。

土地探しの方法としては、主に相談した建築業者(工務店やハウスメーカー)で土地を探してもらう、不動産仲介会社に土地を探してもらうケースが多いかと思います。
建築業者(工務店やハウスメーカー)に土地探しを依頼した場合は、想定した住宅が建てられそうな土地を探してくれるメリットはあるかと思いますが、一般的に不動産仲介会社に比べて情報量が少ないことや、仮に他の建築業者にも土地探しを依頼していた場合において、本命の建築業者以外から立地条件の良い土地が紹介された場合には、土地を取るか建築業者を取るかで難しい選択に迫られる可能性もあります。
一方で、不動産仲介会社に土地探しを依頼した場合は、情報量が多い中で理想の土地を探せるメリットがあり、建築業者も好きな業者を選ぶことができますが、土地を購入した後に建築業者との交渉や資金計画なども個別に対応しなければならないため、その分労力を費やすことになります。

3.注文住宅を成功させるための土地探しとコツ

注文住宅を建築したいと考えた時には、特定の建築業者で建てると決まっている場合を除いては、まずは土地を探すことから行動することをおすすめします。住宅を建築する土地が決まれば、土地の地型や地域性、予算などを考慮してベストな建築業者を選ぶことができます。住宅の仕様は変更できても最寄駅や駅からの距離、学区、周辺環境などは変えることができませんし、何よりも土地は住宅を検討する上での最も重要な基準となり、且つ予算の中で最も大きなウェイトを占めるため資金計画を検討する上でも大変重要です。
これらのことより、注文住宅づくりは土地探しから始めて納得する土地を購入することがコツであり、成功の鍵を握っていると言えます。

土地探しの重要性はお伝えした通りですが、実際には土地と注文住宅をそれぞれ検討するのは大変な労力を費やします。
この労力から注文住宅を途中で諦めて建売住宅やマンションに変更される方も多いようで、まだまだ注文住宅はハードルが高いと言う先入観が強いようです。

土地探しを第一に考えた時には、住宅を建築したい地域の不動産仲介会社に相談することが一般的ですが、好きな建築業者で注文住宅を建築するなら建築条件なしの土地を紹介してもらうよう伝えると良いでしょう。

「sumuzu」では、注文住宅をもっと身近に考えていただくために、土地探し、建築業者紹介、資金計画など、注文住宅の検討~完成までを中立的な立場でワンストップでコーディネートするサービスを展開しています。もし、注文住宅建築で気になることがあれば、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

注文住宅に最適な建築条件なしの土地を探す場合には、下記などを参考にして注文住宅の検討を始めてみては如何でしょうか。