デザイナー、工務店、ハウスメーカーの違いと選び方

1.家づくりにかかわる業者

デザイナー、建築家、建築設計事務所、工務店、ハウスメーカー… 家づくりを扱っている業者が世間には溢れています。
「注文住宅にしよう!」と決心しても、どの業者にお願いするか悩んで足踏みをしてしまう方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、業者の特徴やそれぞれのメリット・デメリットなどを簡単にご紹介していきます!

2.それぞれの特徴

デザイナーや工務店、ハウスメーカーの決まった定義はなく、最近では幅広く業務を扱っている業者も多いため、特徴を挙げるのは難しいのですが、主立ったイメージを挙げると以下の通りです。

1)建築家、デザイナー、建築設計事務所
デザイン重視、施工は工務店などの施工会社に外注する場合もある。

2)工務店
地域密着型、施工会社

3)ハウスメーカー
全国規模、資金力

3.メリット・デメリット

もちろん会社によって異なりますが、それぞれのメリット・デメリットを挙げると次のようになります。

1)建築家、デザイナー、建築設計事務所

デザイン性が高く、細かいイメージまで住まいに反映することができます。
ゼロからの家づくりが可能な反面、コストは高くなってしまうことがあります。
こだわり抜いた家づくりを希望の方は、建築家やデザイナー、建築設計事務所にお願いするのがいいかもしれません。
予算面で不安な方も多いかと思いますが、相談の中で金額を調整することは可能ですので、一度希望を伝えてみるのがいいでしょう。

2)工務店

工務店は一般的に、広告宣伝費がない分費用が低く収まると言われています。
自由な設計が可能で、地域密着型であることからその土地にあった建築が得意です。
また、工法や施工面のみならず、デザインにこだわった工務店も多く見られます。
住み心地重視の方、土地や地域の特性を活かしたい方は工務店に相談してみるといいでしょう。

3)ハウスメーカー

テレビCMや住宅展示場などでもよく目にするハウスメーカーは、そのネームバリューから「きちんとした家を建ててくれるだろう」という安心感があります。
規格住宅があるので、お好きな材料や色を指定するだけで、比較的労力を使わずに家づくりができます。
安心した家づくりを行いたい方は、ローンのサポートやアフターサービスなどをしっかりやってくれる、ハウスメーカーに相談してみるといいでしょう。

4.最後に

家づくりにかかわる業者は山ほどあって、選ぶのが楽しい反面、数々の業者から電話営業がかかってきたり次々とメールが送られてきたりと、げんなりしてしまうことも多いかもしれません。
sumuzuでは、安心で実績のある業者の中からお客様ひとりひとりに合った業者・プランを無料でコンサルティングいたします。
家づくりをスムーズに。注文住宅をお考えの方はぜひ、sumuzuのサービスをご利用ください。