sumuzu(スムーズ)

日本の住宅は時代と共にどう変化してきたか~前編~

1.日本の住宅は時代と共にどう変化してきたか

普段当たり前のように生活している私たちの住宅は、環境や時代に適応しつつ考え方や建築方法を変えながら進化を遂げてきました。日本の住宅が現代に至るまでの間に住宅の文化や歴史はどのよう変化してきたか、今回は古代から江戸時代初期までの間にターゲットを絞って住宅のルーツを解いていきたいと思います。

2.住宅のルーツはどこから?

日本の旧石器時代の人々には住居というものはなく、台地上に住んでいました。氷河期が終わり温暖な気候に環境が変わったことから日本人は定住生活を送るようになりました。縄文時代から弥生時代にかけての建築は、地面に穴を掘り茅葺の屋根で覆われ中央に炉が設置された「床座」と言われる土の上で暮らす形式の「竪穴住居」と、地面より高い位置に床を作ることで防寒や食料保存に特化した「高床倉庫(高床建築)」、壁を作り土間で暮らす「平地住居」の3種類があったとされています。高床倉庫と平地住居はいずれも「堀立柱」を使用して造られた建築物で、高床倉庫は主に穀物を保存する為に利用されましたが、祭祀殿としても利用されていました。穀物の倉庫は信仰の対象であったことから、後に神社の建築様式の一つである「神明造」の祖型となり、住居としてはほとんど利用されなくなり一般住居は竪穴住居から平地住居へと変化していきました。堀立柱を使った建築は、柱の間隔が広いため不安定な建築物に思えますが、当時の出土品から柱をしっかりと支えるために高度な「貫」という建築法が使われていたと推測されており、弥生時代の時点で既に屋根、柱、床が高度な技術を用いて作られていたことが明らかになっています。

3.古墳時代から平安時代の前まで

古墳時代に入ると竪穴住居にカマドを設置することが一般化し、飛鳥・奈良時代の儀式に使う建築物には屋根に瓦葺が使用されるようになりました。同時期に貴族の住居をより広く作るために、部屋の中央に「母屋」、母屋よりも一段低く「庇」を不随させて空間を広く作る方法が定着していき、後の「寝殿造り」のルーツとなりました。

4.平安時代に誕生した寝殿造り

平安時代に入ると「寝殿造り」といわれる建築方法を取り入れたお屋敷が誕生します。住まいは経済力の象徴であり、寝殿造りは貴族が住む住居で、地方の人々は竪穴住居、平城京内の人々は身分に応じて支給される平地住居に住んでいたとされています。平等院鳳凰堂も寝殿造りであることで知られており、寝殿造りは屋敷の「寝殿」と左右対称に配置された「対殿」を長い廊下で繋いだ「コ」の字型の形状と上品で繊細なビジュアルが特徴です。寝殿造りの間取りには壁がないことから、仕切りを作ることができる屏風やすだれ等を使い、生活の場面によって区切って使い分けていましたが、次第に仕切りを使い部屋を分けるようになり畳も敷き詰められるように変化してきました。ちなみに、庭園内の池は「極楽浄土の宮殿」をイメージして造られたと言われています。

5.寝殿造りを元に書院造へ

室町時代後期から近世初頭にかけて政治の中心が貴族から武士に移り変わったことにより、寝殿造りを基に新しい住宅様式の「書院造り」を用いたお屋敷が誕生しました。書院造りの書院とは「書斎」という意味であり、格式を重んじることを最重視した部屋です。日常生活を送る住まいとしてではなく、接客の場や儀式の場、情報交換の場が重要であり生み出されたとされています。寝殿造りにはなかった床の間や飾り棚、角柱、障子、縁側、玄関などのしつらいが出来、襖(ふすま)で部屋を区切るようになりました。厳しい武家社会を投影し、上座・下座という概念も存在した書院造りは現代の和室のルーツとも言われています。

6.民衆の人々の住宅

17世紀以降になると建築職人が現れ、地域や気温、役職や地域の特色に応じて民家も多様化していきました。岐阜県の白川郷に現存する合掌造りの家は、豪雪や水はけ対策として屋根が急勾配に造られているため生活しやすく、日本最古の民家として知られる「箱木千年家」は、屋根が低く厚い土の壁で覆われた閉鎖的な家で身を守るために造られました。また、都市部ではお店が多く立ち並ぶ「町屋」が発展しましたが、間口を基準に税が徴収されていたため間口は狭く奥行きの長い地形から町屋の土地は「うなぎの寝床」と例えられていました。18世紀になると上層部の住宅から徐々に障子や壁や天井が取り入れられるようになり、地域や風土に応じた家づくりが行われるようになりました。

7.先人の人々が創り上げた知恵が活かされている

古代から住宅の歴史をたどると、時代とともに地域や環境に適応するように建築様式が変化してきていることがわかります。政治や文化などの様々な背景に沿って造られた建築物からは、現代ではなかなか見られない趣を感じ取ることができます。
後半では、江戸時代以降に現れた「洋風」文化を織り交ぜつつ、住宅の変化について記していきたいと思います。

時代と共に変わってきた住宅ですが、デザインや技術は受け継がれながら進化してきました。「sumuzu(スムーズ)」はエリアの歴史や街並みに調和した建築デザインを通じて街の魅力を一層高め、次の世代に渡って価値が高く美しい街づくりに貢献します。国内随一の住宅激戦区「城南エリア」で多くの実績と経験がある建築家・工務店・ハウスメーカーに興味のある方は、無料で建築プランの提案を入手できるサービスなどを利用して理想の家づくりを検討してみてはいかがでしょうか。

新着記事人気ランキング

会員登録で最新情報・お得な情報を配信中

記事のカテゴリ