不動産の査定はなぜ無料?各社査定価格が異なる理由とは?

不動産仲介会社に不動産の査定を依頼した場合、基本的には無料で査定してくれます。もちろん複数の不動産仲介会社に同時に査定の依頼をしても同様となります。また、査定をお願いしたからといって必ずその中の不動産仲介会社と媒介契約を結ぶ必要はありません。ではなぜ、不動産仲介会社は無料で査定を行うことが出来るのでしょうか。そして、各社査定の価格に大きな違いが出てくる理由はなぜでしょうか。利益にはならず、一見無駄に見えそうな不動産の査定ですが不動産仲介会社ならではの事情を説明したいと思います。
 

1.なぜ査定は無料なのか?

不動産仲介会社が売主との間で媒介契約を結ぶと、実際に不動産の販売活動が開始されます。そこで物件の買い手が見つかると、買い手と不動産仲介会社の間に不動産売買契約を結ぶことになります。不動産仲介会社はこのタイミングで仲介手数料というものが発生し、その手数料を受け取ることが出来ます。この手数料が不動産仲介会社の収益源となり、さらにその手数料を見込んで不動産の査定を "無料" で行うことが出来るのです。逆に言うと、売主は買い手との間に売買契約が成立しない限り不動産仲介会社に手数料を払う必要はありません。

2.各社査定価格が違う理由

前述したとおり、不動産仲介会社の収益モデルは不動産の仲介手数料となります。そうなると、如何に多くの売主から不動産売却の依頼を取り付けて媒介契約を結ぶかが不動産仲介会社の収益の増減に大きく関わってきます。それでは、不動産仲介会社によって査定の価格がマチマチなのはなぜでしょうか。不動産の価格は家電や車とは違い、算出方法がより細かいため同じ製品を並べて一番安い商品を買いましょう、という訳にはいきません。同じ番地や同じ町内でも土地の形状や面積、方位や周囲の環境によって大きく価格が変わってきます。

― eBookを無料プレゼント ―

これを読めば絶対に損をしない不動産査定(全12選25ページ)

― eBookを無料プレゼント ―

これを読めば絶対に損をしない不動産査定
(全12選25ページ)

また、不動産の価格は取引時期によっても相場が異なるため同じ土地や建物であっても査定額が常に同じになるとは限りません。その他にも、不動産仲介会社によって扱う物件の得意・不得意があるため査定額に差が出ることもあります。例えば、土地が得意な不動産仲介会社、マンションが得意な不動産仲介会社、賃貸が得意な不動産仲介会社、それぞれの特徴によって価格が変わってくることもあります。中にはエリアによって得意・不得意があるという不動産仲介会社もあるでしょう。それともう一つ、「なぜ査定は無料なのか?」で記載しましたが、不動産仲介会社は売主との間に媒介契約を結びたいという事情があります。実際には売却できない高額な査定を提示して媒介契約を是が非でも取ろうとする業者がいないとも限らないのです。

3.まとめ

基本的に不動産の査定は無料でできることを説明してきました。そこには不動産仲介会社の仲介手数料という収益モデルが大きく影響しています。しかし、売主は無料で査定の依頼ができるからと言って四方八方やたらと依頼をしても最適な不動産売却ができるとは限りません。エリアの相場感を知り、不動産仲介会社のそれぞれの強みや実績などを考慮した上で、適正な査定価格を提示してくれた不動産仲介会社と媒介契約を結ぶことをおすすめします。

― eBookを無料プレゼント ―

これを読めば絶対に損をしない不動産査定(全12選25ページ)

― eBookを無料プレゼント ―

これを読めば絶対に損をしない不動産査定
(全12選25ページ)

▶城南エリア随一の不動産査定実績 >> スムーズ査定

▶城南エリア随一の不動産査定実績 >>
スムーズ査定