不動産の売却 不動産仲介会社の賢い選び方

不動産仲介会社の賢い選び方

自分の家を高値で売却するには不動産仲介会社を賢く選ぶことが重要です。一概に有名な大手不動産仲介会社が必ずしも良いわけではなく、不動産仲介会社によっては「マンションが得意」「賃貸がメイン」「投資物件が専門」といったようにそれぞれ得意な分野があり、どこも同じという訳ではありません。ではどのようにして不動産仲介会社を選べばよいのでしょうか。

まず、インターネットでおおまかな相場を知っておくことは必須だと思います。その後、不動産仲介会社に査定を依頼して査定価格の比較を行います。そこで、安易に査定価格が一番高い不動産仲介会社を選んで売却活動を委ねてしまうことは少々危険が伴うということを念頭に置いておいた方が良いでしょう。では、不動産仲介会社を選ぶ時は何に注意して選べば良いのでしょうか。

1)なぜこの査定金額が出たのかを明確にしてもらう
現状物件のプラス要素やマイナス要素を明確にしてもらい、その根拠を把握しておくことが家を売る上でとても重要と言えます。

2)近隣の売買実績を比較する
不動産仲介会社に近隣の物件の売買実績を聞いてみましょう。例えば「世田谷区」の中古戸建の過去1~2年の売買件数や、売買実績などを聞いてみると良いでしょう。地域によっては有名な大手不動産仲介会社より街の不動産仲介会社や中堅の不動産仲介会社のほうが売買実績や売買件数が多いかもしれません。売買実績や売買件数が多いと言うことは、その地域で買い手を探す(見つける)力がとても大きいとい言うことになります。それゆえ、一概に大手の不動産仲介会社を選ぶのではなく、実績のある不動産仲介会社を選ぶべきと言えます。

3)査定価格で売れるための具体的な提案を示してもらう
まず、不動産には売却に適した時期というものがあります。通年を通して売れやすい時期や売れにくい時期があり、一般的には引っ越しシーズンの2月~3月は売れやすいとされており、逆に7月~8月は閑散期と言われています。従って売れにくい時期に高めの価格設定をして売れ残ってしまうということもあるので注意が必要となります。他にも簡単にできるバリューアップのアイデアや、お部屋をホームステージングすることで魅力的な演出を行うなど、査定価格で売れるために具体的な提案をしてくれる不動産仲介会社を選ぶことをおすすめします。

※売れやすい時期/売れにくい時期

まとめ

不動産を売却する際に最も重要なことが「不動産仲介会社」を決めることです。この不動産仲介会社がしっかりとビジョンを持った売却活動を行ってくれないと、いつまで経っても売れ残り、最終的には値下げまでせざるを得ない状況に陥ることもあるかもしれません。そのようなことを踏まえた上で賢い不動産仲介会社選びを行って下さい。

― eBookを無料プレゼント ―

これだけ読めば家が300万円も高く売れる必勝本(全8章18ページ)

― eBookを無料プレゼント ―

たったこれだけで家を300万円も高く売る方法(全8章18ページ)

▶査定よりも家を高値で売却するなら >> スムーズ売却へ

▶査定よりも家を高値で売却するなら >>
スムーズ売却へ