地盤改良に関する注意点

1.地盤改良とは

家を建築する前に地盤を調査しますが、調査結果によって地盤改良が必要になるケースがあります。
地盤改良は、表層地盤を固めたり、杭打ちを行うことにより軟弱な地盤を改良することです。
地盤改良工法は、主に「柱状改良」「表層改良」「鋼管杭工法」の3種類があります。

 

2.地盤改良の注意点

地盤調査の結果、地盤改良が不要と判断された場合にも実施した方が良いと言う意見もあります。
地盤改良を行うにあたっては、下記もポイントとして実施要否を判断した方が良いでしょう。

1)将来、土地を売却する際に杭やセメントの撤去工事が必要になる。
2)費用がかかる。
3)地盤調査を複数社に依頼して必要性を見極める。

3.地盤改良が不要な土地とは

地盤が強い土地であれば地盤改良は不要になりますが、どのようにすれば見極められるでしょうか。
一般的に下記の方が地盤が強いと言われています。

1)高台土地や丘陵地
2)「山」「丘」などが入っている地名
3)川や水路から離れた場所

また、土地を選定する場合は、下記なども参考にされると良いでしょう。

1)ハザードマップで被害予測を確認しておく。
2)昔の地図で対象の土地が何だったかを調べる。
3)過去の災害履歴などを調べる。