建築条件の違いによる注文住宅の建て方

1.売地の種類

売地には「建築条件なし土地」「建築条件付き土地」があります。
「建築条件なし土地」は好きな施工業者で住宅を建築することができます。
「建築条件付き土地」は決められた施工業者にて住宅を建築することになります。
いずれも注文住宅を建築できますが、「建築条件なし土地」の方が自由度の高い住宅建築が可能です。

2.「建築条件なし土地」のメリット、デメリット

「建築条件なし土地」は自由な住宅建築が行えるメリットがある一方で、施工業者を選定する手間がかかるなどのデメリットもあります。

1)メリット
・好きな施工業者が選定できる。
・デザイン、間取りなども柔軟に対応ができる。
・施工業者との建築請負契約までの期間を気にしなくて良い。

2)デメリット
・施工業者探しに手間がかかる。
・要望が多くなるにつれて費用が高くなる。
・建築完了までに時間がかかる。

3.「建築条件付き土地」のメリット、デメリット

「建築条件付き土地」は建売住宅より柔軟な住宅建築が行えるメリットがある一方で、施工業者が限定されているため「建築条件なし土地」に比べて自由度が低いなどのデメリットもあります。

1)メリット
・決められた施工業者のプランから選べるため手間が省ける。
・予め費用が把握しやすい。
・土地が一般的な相場より安い場合がある。

2)デメリット
・決められた施工業者のプラン内での選択になるため制約が生じる。
・施工業者の仕様、工法の制約を受ける。
・施工業者との建築請負契約までの期間に拘束される。

3.注文住宅を成功させるには

理想の注文住宅を手に入れたい方には、「建築条件なし土地」を購入して注文住宅を建築する方が向いているのではないでしょうか。
一方、立地条件の良い場所は「建築条件付き土地」になっていることも多いため、いかに良質な土地を手に入れられるかもポイントになります。
良質な土地で好きな施工業者で建築して、理想のマイホームを手に入れてみてはいかがでしょうか。