世田谷区で不動産売却を成功させるには

1.世田谷区の不動産

東京23区の中で最も人口の多い世田谷区。人口が多いがゆえにマンションや一戸建て住宅などの不動産流通量も非常に多い区になります。
また、世田谷区の戸建て住宅は、狭小住宅から広い敷地面積を有する豪邸までさまざまな住居が存在し、さらに地区によって地価にも開きがあるのが特徴です。人口が多い分だけ住宅の需要が多い一方で、不動産売却の件数も多いため、ひとつ間違えると売れにくい不動産になってしまう可能性もあります。
今回は、不動産激戦区の世田谷区で、買い替えや転居などの際に伴う、マンションや一戸建て住宅などの不動産売却を成功させる方法を考えてみました。

2.不動産売却に伴う媒介契約

不動産売却は、不動産仲介会社に査定を依頼して媒介契約を締結して売却するのが一般的です。
複数の不動産仲介会社の中から媒介契約の候補を検討されると思いますが、ここで注意しなければならないのが、査定価格が高いからと言う理由だけで不動産仲介会社を選ばないことで、売り方や売れる方法について適切にアドバイスしてくれるかどうか、またお客様の希望に沿った売却の提案や売却活動を行ってくれるかどうかをきちんと確認した方が良いでしょう。
査定価格=売れる価格とは限りませんし、売却期間が長くなれば反響数も徐々に低下して、結果的に価格を下げざるを得なくなり不動産の価値を下げかねません。売却したい価格、時期(特に買い替えを伴う場合は売却のタイミング)、売却条件などをしっかり相談できる不動産仲介会社やサービスを選定することをおすすめします。

3.世田谷区での不動産売却 成功への近道

世田谷区は、不動産流通量が多く競合する物件も多いため、競合物件とは異なる特長を生かして価値を見出して販売することが、売却を成功させるポイントになると思います。また、販売面では顧客のターゲティングとそのターゲットに合わせた媒体に物件を掲載することや、ポータルサイトなどに掲載している写真は定期的に変更するなどで鮮度を保つことも重要です。
さらに、不動産は内見しないで購入するお客様はほぼいないため、内見の際のイメージが大変重要です。せっかく内見希望者が来られても、第一印象が良くないと購入意欲はかなり減少します。第一印象を良くしたり、より高値で売却するために、築年数が経過している不動産についてはリノベーションを検討したり、劣化した部分がある場合はリフォームを検討したりすることによって、絶大な効果がある場合があります。
但し、手を加えれば当然ながらコストがかかりますので、投資対効果を十分考慮して実施有無や実施内容を検討し、最も効果が期待できる投資を検討されると良いでしょう。また、最近ではホームステージング(インテリアコーディネートなどでモデルルームのように見せる)も増えてきており、中古住宅の売却方法も多様化してきています。

世田谷区は不動産の流通量が多いため競合も多いですが、購入意欲の高いお客様も多い激戦区です。
激戦区であるがゆえに、不動産売却を簡単に成功させることは容易ではないですが、売却方法も多様化していますので、多くの売却方法の中からお客様に最も合った不動産売却方法を見つけることが不動産売却成功への近道と言えるでしょう。