マンションの予算・価格で注文住宅を建てるには

1.注文住宅のイメージ、先入観

理想の住宅を手に入れる方法として、注文住宅を建てることをイメージされる方は多いと思います。
注文住宅は自由度が高く、こだわりも表現できることが最大のメリットで、理想の住宅を建築したい方には最適な方法と言えます。

その一方で、「希望条件を予算内で満たすことが難しい」「希望の土地に巡り合えず断念した」「完成のイメージが掴めず不安が多い」などの理由で、注文住宅を諦めてマンションや建売住宅に心変わりした方もおられるようです。

注文住宅は夢を叶えられる一方で、夢を叶えるのは難しいという相反するイメージもあるようですが、先入観のみで注文住宅を諦めてしまわないために、今回は最も皆さんが気になっている「注文住宅の予算」についてマンションの予算で注文住宅を建築できるかを考えてみました。

2.注文住宅のコストは建売住宅やマンションより高いか?

注文住宅は建売住宅やマンションより高いと言うイメージがあるようですが、実際はどうでしょうか。
一般論としては、建売住宅は分譲住宅として多くの住宅を建てた場合に同じ建材を使用したり工事費が圧縮できますので、注文住宅より安価に建築できると言われています。一方で、マンションは建築費などが膨らみ注文住宅よりコストも割高になることも多いのが実情ですが、注文住宅は土地を購入して住宅を建築する点でハードルが高い上に価格面でも高いという先入観があり、マンション購入に決められる方が多いようです。

また、マンションを選定する方は設備などの仕様面でマンションの方が優れていると言うイメージがあるようですが、注文住宅でもマンションで導入しているような設備導入は可能ですし、何よりも注文住宅は将来の資産価値を考慮して設計・建築できるメリットがあります。具体的には、ライフプランに合わせて住宅を売却する必要が生じた時を想定して、予め資産価値を考慮した設計・建築を行っておけば高値売却できる可能性が高いと言えます。

予算に見合った施工業者の選定と、過剰な仕様にならないようイニシャルコストを抑えると共に、資産価値を考慮した設計・建築でリセールバリューを高めることにより、注文住宅はトータルコスト面で大きなメリットがあると言えます。

3.マンションの予算で注文住宅を建てるには

マンションの予算で注文住宅を建てるにはどうすれば良いでしょうか?
注文住宅を成功させるにあたって最も重要なのは施工業者選びです。注文住宅は高額な買い物であるがゆえに、施工業者選びで非常に悩まれると思います。
施工業者には、デザイナー(設計事務所)、工務店、ハウスメーカーなど多くが存在しますが、同じ要件でも建築コストは施工業者によってさまざまです。
また、施工業者の中には、職人が限られているため施工できる戸数に限界があったり、地域を絞って営業しているなど、本来はぴったりの施工業者であってもなかなか出会うことができなかったり、情報が乏しい施工業者とは出会うこと自体が困難なこともあります。

施工業者は各社でコスト、デザイン性、品質などの思想が異なり、表面上の見積もりだけで判断してしまうと後からどんどん追加費用が発生することもあり得ますので、まずは予算と建物イメージ、希望条件と優先順位を可能な限り具体化し、要件を満たし自分に合う施工業者を選定することが最も重要であると言えます。

マンションや建売住宅を考えておられる方も、施工業者選びをしっかり行い、コスト・資産価値のバランスを考慮した仕様の最適化、専門家やエージェントからのアドバイスを受けることによりマンションの予算で注文住宅を手に入れることは十分に可能と言えます。

注文住宅を手掛ける施工業者は数多くあり、その中でぴったりの施工業者を個人で探すのはノウハウがなければ難しいのが実情です。sumuzuでは、注文住宅をより身近に感じていただくために、多くの施工業者の中から中立的な立場でお客様にとって最適なパートナーを提案すると共に、客観的な判断とアドバイスができるエージェントとして、お客様の注文住宅を成功に導くべく無料のコンサルティングサービスを展開しています。

住宅購入の新たな選択肢「マンションの予算で注文住宅を建てる」を考えてみては如何でしょうか。