扉を開けた時にふわっと風や光が入り込んでくる狭小地の家

住宅のコンセプト

扉を開けた時にふわっと風や光が入り込んでくる感覚を建築で表現したいと考えました。敷地は74㎡の極めて狭小の旗竿地で、前面道路から奥まったところに位置し、周囲をぐるりと隣家に囲まれています。 この敷地を初めて訪れた時、敷地の通路を通して光や風が入り込み、それが奥で渦を巻いて満ち溢れている風景を感じました。この渦を内部まで導き入れるような仕掛けを考えた住宅です。

Design by ニジアーキテクツ一級建築士事務所

ここがポイント!