柔らかい光が挿し込む北側採光のリビングを設けた住宅

住宅のコンセプト

高台の敷地に建ち、北側に遠くの山々が見られる眺望の良い敷地です。しかし、日当たりの良い南側は道路に面していることから、周辺の住宅はこぞって日当たりの良い道路側(南側)へ掃き出し窓を設け、リビングを配置し、道路か見えないようにカーテンを閉めていました。
日本では南側にリビングを設けることが一般的ですが、眺望を生かすためあえて北側にリビングを設けています。実は、北側採光は安定した光が望め、夏場の強い直射日光を抑えられるので、窓の配置をうまく組み合わせることで、柔らかい光が挿し込む心地良いリビングが生まれます。高窓と組合せ、山々に向け開口部を大きく設けることで明るく眺望の良いリビングを提案しました。

Design by 伊藤隆一建築設計事務所

ここがポイント!